勧進帳
勧進帳のDVDを人から借りて、最近、日々見ております。
昭和初期。
七代目松本幸四郎の弁慶・六代目尾上菊五郎の義経・十五代目市村羽左衛門の富樫。
歌舞伎座の舞台を映画化したものです。
勧進帳_b0123314_161386.jpg

3月のブログにも勧進帳の事を載せてましたが、「おお。江戸時代の舞台図のままだ!!」
松の絵をバックに演者の他は、大勢の唄や三味線の人、お囃子?の人がいるだけの舞台。
こういう舞台が好きです。
シンプルで、たまらなく贅沢で好きです。
勧進帳_b0123314_1232793.jpg

弁慶さま、飛んでます。弁慶さまの踊りがすっごいです。
最初から最後まで出ずっぱり。
真面目なとこもコミカルなとこも踊りもしゃべりも何から何まで半端ない量。重労働。
ああ、ワタシ、昭和18年に生きていたかった。見たかったー。

勧進帳_b0123314_1304428.jpg
弁慶さま。最後のお顔も決まってます!


ちなみに、羽左衛門はこの時代にしてハーフなんだって。
そしてこの弁慶さまのひ孫が「現在の海老さま」。
でもね、この弁慶さまの子供である9代目海老蔵。本家「海老さま」のが格好よろしおす。
50年代。「海老サマにわるいわー」と築地で海老が売れなくなったらしい。
勧進帳_b0123314_3451210.jpg

元祖「海老さま」。
by murderpollen | 2010-07-29 01:34
<< 祝結婚 旧なんたら。なんたら倶楽部。 >>