小鍛冶を二回。
文楽は、初日は午後の部を。
二日目は午前の部を。そして夜に幕見席で最後の演目だけまた見に行きました。

小鍛冶を二回。_b0123314_16154780.jpg

小鍛冶を二回。_b0123314_1616499.jpg
舞台の上には睨み鯛が飾られ、おめでたく開演です。
幕間には出演者による「まき手ぬぐい」があるのですが、二つもゲットしました!
小鍛冶を二回。_b0123314_16163511.jpg


ずっと見てみたかった「寿式三番叟」と「小鍛冶」がすっごく、すっごく良かった。
やっぱり大阪でみるのはまた格別ですねー。
おめでたい演目だし、太夫と三味線がずらりと並ぶ演目で、重厚で圧巻です。

今回、ご一緒した方のご好意で衣装部屋へ入れていただき、衣装部の方と
お話する機会をいただきました。人形の衣装はどれも手の込んだ美しい物ばかりで、
人形遣いの方がそれを着せつけていく行程などをお聞きしました。

小鍛冶を二回。_b0123314_16283974.jpg
せっかくなので、本も買ってお勉強です。ますます文楽にハマっていきそうです。
by murderpollen | 2011-01-12 16:35
<< 臓物様 ただただ食べて。 >>